前期入試

令和4年度 前期募集選抜方法
1 教育方針
巨摩高校では「高い志と挑戦する気概を持ち、何事にも主体的に取り組む生徒を育成する」ために、次の4点を指導重点として掲げています。
 
(1) 自ら学び、自ら考える態度を育成する「巨摩スタイル」の実践を通し、学力の定着と向上に努める。
(2) 自主・自立の精神とコミュニケーション能力を培い、調和のとれた人格の育成に努める。
(3) 個に応じた進路指導の充実を目指すとともに、部活動をはじめとする特別活動やボランティア活動のさらなる活性化を図る。
(4) 生徒の一生懸命な取り組みを評価、支援し、誇りと感動をもって学校生活を営めるような指導に努める。
 
 
【本校の特色】
・ 多様な生徒の進路実現のため、個性や学力を伸ばす教育課程を編成し、きめ細かくサポートします。
・ 少人数授業や土曜講座、長期休業中の課外講座、山梨大学との連携講座等を実施し、学力向上に努めています。
・ 理数創造コースを中心に数理科学活動を学校全体で推進し,「最先端科学」と「地域の自然環境」の融合を目指した探究的な学習を進めています。
・ 県高校総体の総合成績において、男・女とも常に上位です。陸上部、弓道部、ホッケー部は毎年関東大会に出場しています。
・ 多彩で自主的な生徒会活動として、学園祭の開催やボランティア活動、地域との交流会などを実践しています。
 
 
2 志願してほしい生徒像
本校への明確な志望動機を持ち、かつ次のいずれかに該当する生徒
 
(1) 学習意欲が旺盛で、自己の進学目標に向かって努力する生徒
(2) 部活動に意欲的に取り組み、心身共に鍛えようとする生徒
 
 
3 前期募集選抜方法
(1) 募集定員に対する募集率
普通科  40%以内(理数創造コースを含む)
 
(2) 出願の条件
普通科
「志願してほしい生徒像」にあてはまり、次の各区分の条件に該当する生徒
 
条件A・理数創造コース
学習意欲が旺盛で、特に理数科目や英語に強い興味・関心を持ち、国公立大学等への明確な進学の意志を有する生徒
 
条件A・普通科
学習意欲が旺盛で、中学校の学習活動において優れた実績を収め、明確な大学進学への意志を有する生徒
 
条件B・普通科
中学校の体育・文化活動において優れた実績をあげ、そのことを証明する資料等が提出できる者で、以下に該当する生徒
① 次に示す種目において公式大会や各種大会、コンクール等(県大会以上の大会が望ましい)で優れた成績をあげた個人または団体の中心として活躍した生徒
② 入学後も本校で上記①の活動を積極的に継続していこうとする意欲のある生徒

種目:野球,サッカー,陸上競技(男・女),バレーボール(女),ホッケー(女),吹奏楽
 
(3) 面接
実施のねらい実施形態検査時間
本校を志願する理由、資質、意欲、将来の夢等について確認する。個別面接10分程度
 
(4) 本校で定める検査
検査方法検査内容
特色適性検査時間:50分
特記事項:文章や資料などを読んで、ものの見方や考え方を表現する。
特技「活動実績報告書」等による書類審査
 
(5) 選抜資料比重
普通科
区分調査面接所見

特色

適性検査

特技備考
条件A

理数創造

コース

50101030理数創造コースの募集人員は定員の40%以内・普通科募集定員の40%以内
・条件Aと条件Bの割合は1:1程度
普通科50101030
条件B普通科3010101535 
 
※ 調査書の「学習の記録」について
条件A(含む理数創造コース):必修9教科のうち、国語、社会、数学、理科、英語の評定を2倍し、その他の教科の評定を1倍した合計とします。
条件B:必修9教科の評定を1倍した合計とします。

※ 条件A、Bとも、1学年の評定、2学年の評定、3学年の評定の比は、1:1:2とします。
 
(6) 提出書類等
① 提出書類   「活動実績報告書」(条件Bのみ)
② 添付書類   最上位の実績と判断する「賞状」と「大会要項の対戦表」等のコピーを添付して下さい。
③ 書類の入手方法  本校ホームページからダウンロードして下さい。
 
(7) その他
① 普通科(理数創造コースを含む)募集定員の40%以内を選考し、その後、理数創造コース希望者を募集定員の40%以内で選考する。
② 理数創造コース希望者は、普通科のコース指定に漏れた場合、普通科(条件A)を希望して出願することができる。
③ 普通科(理数創造コースを含む)募集定員の40%以内の理数創造コース希望者で、コース以外の普通科を希望しない受検生がコース指定に漏れた場合は、40%以内で普通科希望者を追加選考する。
④ 不明な点は、本校にお問い合わせ下さい。
 
お問い合わせ
電話 055-282-1163 教務係
 
リンク