山梨県立 巨摩高等学校

  • ホーム
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

学校経営方針(全日制)

Management policy

校  訓

進修実践

教育目標・経営方針

高い志と挑戦する気概を持ち、何事にも主体的に取り組む生徒を育成する。

平成30年度の重点目標

  1. 自ら学び、自ら考える態度を育成する「巨摩スタイル」の実践を通し、学力の定着と向上に努める。
  2. 自主・自立の精神とコミュニケーション能力を培い、調和のとれた人格の育成に努める。
  3. 個に応じた進路指導の充実を目指すとともに、部活動をはじめとする特別活動やボランティア活動のさらなる活性化を図る。
  4. 生徒の一生懸命な取り組みを評価、支援し、誇りと感動をもって学校生活を営めるような指導に努める。
番号 評価項目 具体的方策
1 「巨摩スタイル」のさらなる充実を目指して、ICTを活用した主体的・対話的で深い学びを追求し、教員個々の授業力強化を目指す取り組みを加速する。 授業参観における管理職の指導助言を積極的に行うとともに、生徒による授業評価を適切にフィードバックし、教員個々の授業への振り返りを進化させる。
面談等を通じて、家庭学習時間や学習方法について、個に応じた指導を行う。
2 進路目標実現のため、教科、学年、分掌が協調しながら、一丸となって指導を推進する。 生徒一人ひとりが高い目標に向かって切磋琢磨できる学習環境を整える。
挨拶運動、清掃活動などにおいて、教師自らが「明るく、楽しく、前向きに」の実践をする。
生徒の自己肯定感を高められるような働きかけを行い、学校生活及び進路目標の設定の適切な指導を進める。
3 部活動などの特別活動において、生徒が自己肯定感、充実感を持てるような指導を実践し、誇りと感動にあふれた学校となるよう努力する。 部活動、学校行事、特別活動およびボランティア活動に積極的に取り組む、意欲的な向上心あるれる生徒を育成する。
心のケアや特別支援教育について、指導方法の共通理解と相談体制の充実に努める。
4 本校の特色や活動の成果をあらゆる機会を通じて地域に発信・紹介し、信頼される学校づくりに努める。 地元中学校との連携を強化し、学校説明会やオープンスクールなどで積極的に広報するとともに、学校案内や巨摩高だより、ホームページなどの内容を一層充実させる。
地域や家庭と協力しながら、防災・安全教育に力を入れる。
防災教育に関する効果的な取り組みを企画し、キャリア教育の充実を図る。
5 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)で培ったノウハウを活かすとともにユネスコスクールの強みを活かして、自然科学教育、国際理解教育を実践できる教育体制整備に一層の力を注ぐ。 コースやクラスの特性を活かした教育課程の編成と授業内容の工夫・改善を図る。
SSHで確立された事業に加えてユネスコスクールの事業を積極的に活用する道筋を確立する。
活動の情報発信を学校内外に積極的に行い、充実した成果を目指す。