山梨県立 巨摩高等学校

  • ホーム
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

ニュース・お知らせ

News & Information

米国研修からの報告⑥

  3月23日(金)、日本では終業式、離任式のこの日、米国研修参加者はデモインを離れ、シカゴを経由し成田、甲府へ、途中時計を14時間進めて、向かいます。写真は、デモイン空港でのホストファミリーとのお別れの様子。短い間でしたが、生涯忘れることのない色々な体験ができました。



続き▽

米国研修からの報告⑤

  3月22日(木)、授業への参加が最後になったこの日の夕方、セントラルアカデミーのフロアーをお借りして、ポトラックパーティーが開かれました。生徒は米国でお世話になった皆さんに、準備した手ぬぐいや折り紙などを使って日本文化の紹介や、SSH課題研究の成果を英語で伝えていました。



続き▽

米国研修からの報告④

  3月21日(水)、日本では「春分の日」になりますが、デモインは甲府の2月中旬ぐらいの気候です。生徒は午前中で授業が終わったので、午後はホストファミリーと市内観光などに出掛けていました。写真は、デモインのGrand Avenueで撮影したSculpture Parkの彫像や州議会議事堂など。



続き▽

卒業生を招き「先輩の話を聞く会」

  3月20日(火)、厳しい受験を終え、この3月に卒業した先輩9名を講師に招き「先輩の話を聞く会」が開かれました。入試への取り組みなど、反省も交え具体的に体験を語ってくれましが、口をそろえるのは2年の夏休みにオープンスクールに参加すること。在校生にはとても良い刺激になりました。



続き▽

米国研修からの報告③

  3月20日(火)、昨日に続き参加生徒はホストファミリーの高校生と登校し授業に参加しています。写真は、セントラルキャンパスの校内を撮影したもので、海洋生物学教室、陶芸教室、学食での食事風景です。生徒は勉強道具の入ったザックを背負い、授業に合わせて教室を移動ていました。



続き▽

米国研修からの報告②

  3月19日(月)、米国研修に参加した生徒は、早速ホストファミリーの生徒が通う高校に一緒に登校しました。写真は、研修生の受入を担当していただいたセントラルアカデミーのレイチェル先生、日本語の授業。授業開始は早く、太陽の位置から考えると、日本では7時ぐらいの印象を受けました。



続き▽

米国研修からの報告①

  3月18日(日)、3時45分甲府駅南口に集合した米国研修団は4時05分予定どおり高速バスで出発しました。11時10分成田空港発、時計を14時間戻した、現地時間8時05分ダラス・フォートワース空港着。国内線を乗り継ぎデモイン空港12時55分着。無事ホストファミリーと合流しました。



続き▽

米国研修2018「出発の集い」

  3月15日(木)放課後、米国研修2018「出発の集い」が校長先生、学年主任の先生を始め、これまでご指導いただいた多くの先生方の参加を得て開かれました。参加生徒のみなさん、出発は18日(日)早朝4時5分甲府駅です。くれぐれもパスポートだけは忘れることなく集合をお願いします。



続き▽

ユネスコエコパーク活動報告会(生物地学部)

  3月10日(土)、ふるさとの自然に関心のある方が集う、南アルプス「ユネスコエコパーク」活動報告会が、南アルプス市地域防災交流センターで開催されました。巨摩高校からも生物地学部の2年生6名が参加し、今年度行った櫛形山の自然に関する2つの研究活動とその成果を報告しました。



続き▽

1年生対象の「ライフプランニング講座」

  3月9日(金)、本校の卒業生で、K.クローバー(株)代表の小林公一さまを講師に招いて、1年生対象の「ライフプランニング講座」が開かれました。「夢・目標」を話せる人を身近にもつことの意義、大切さを、実演を交えて説明いただきました。先輩として後輩を応援する強い思いが伝わる講演でした。



続き▽