山梨県立 巨摩高等学校

  • ホーム
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

ニュース・お知らせ

News & Information

新入生に向け図書を紹介

  4月6日(木)、図書館入り口に「本×部活」のコーナーが設けられていることに気づいていますか。始業式、入学式を前に司書さんが、「神々の山嶺」、「たまごを持つように」など、部活動に役立ちそうな単行本やコミックを展示してくれました。まだの生徒はぜひ図書館に足を運んで下さい。



続き▽

「巨摩高SSHnews」No.11を発行

 2月21日(火)、巨摩高SSH係の先生が毎月発行する「巨摩高SSHnews」。その11号が発行されました。内容は、2月15日(水)に行われたSSH生徒研究発表大会の報告と、3月19日(日)に出発する海外研修について。全校生徒で取り組んだSSHの活動が紹介されています。



続き▽

「やまなきの四季」No.210を発行

 2月16日(月)、大久保先生がつくる教科通信「やまかいの四季」210号が発行されました。テーマは「地下水脈は 溶岩流の内部にも」。前号の富士山南麓の湧水群に続いて、今号は北麓編。環境省から「平成の名水百選」に選ばれた、都留市夏狩の太郎・次郎滝が写真を添えて紹介されています。



続き▽

「やまかいの四季」No.209を発行

 1月16日(月)、大久保先生がつくる教科通信「やまかいの四季」209号が発行されました。テーマは「富士山 巨大地下水脈を追って その1」、富士山南麓の湧水群について触れられています。湧水地が新富士旧期溶岩流の末端で、遠くは三島市に隣接する清水町にあることに驚きました。



続き▽

「やまかいの四季」208号が発行

 12月12日(月)、大久保先生がつくる教科通信「やまかいの四季」208号が発行されました。テーマは「市街地近くに新火口確認」・・・探検「雁の穴」・・・。南アルプス市や富士川町に住む生徒にとっては、中央構造線ほど関心のない話題なのかも知れないが、一読し関心をもってもらいたい。




続き▽

巨摩高だより『KOMA style』11月号(vol.50)発行

 11月11日(金)、巨摩高だより『KOMA style』11月号(vol.50)が発行されました。特集は「紡ぐ」をテーマにした第62回白嶺祭、夏休み全国を舞台に活躍した生物地学部、陸上競技部、ホッケー部、そしてリオ五輪の野澤啓佑先輩。HRで生徒に配布してありますので、是非手にとってご覧ください。



続き▽

「やまかいの四季」207号が発行

 11月8日(火)、大久保先生がつくる「やまかいの四季」207号が発行されました。 テーマは今が美味しい甲州ブドウのルーツを探った「甲州ブドウはハイブリッド」。高校時代に生物で学んだメンデルの法則の3:1。甲州ブドウは「戻し交配」の産物だったのか。先人の努力と工夫に感謝したい。



続き▽

「やまかいの四季」206号が発行

 10月13日(木)、教科通信「やまかいの四季」206号が発行されました。テーマは、国蝶は雑木林の女王。国歌は「君が代」、国旗は「日の丸」、国花は「?」、国鳥は「?」、そして国蝶は「?」。国蝶については、生徒のみなさんよりお父さん方の方が、その生態に詳しいのではないだろうか。



続き▽

修学旅行新聞 優秀作品を展示

 9月8日(木)、夏休みの課題として2年生に課せられた修学旅行新聞。その優秀作品が1階廊下に展示されました。新聞は11月22日(火)~25日(金)、3泊4日で行われる修学旅行の事前学習の一つとして取り組んだもの。沖縄の歴史、自然、料理など、記事には旅行への期待が溢れていました。



続き▽

夏季休業最終日

 8月24日(水)、1、2年生の夏季課外が昨日終わり、7月25日(月)から始まった夏季休業も最終日を迎えました。この日も夏季休業開けの大会に向け、体育館やグラウンドでは多くの生徒が部活動に取り組んでいました。また、自習室や教室には静かに学習に取り組む3年生の姿もありました。



続き▽