山梨県立 巨摩高等学校

  • ホーム
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

ニュース・お知らせ

News & Information

信州昆虫学会大会で研究発表(生物地学部)

 9月3日(土)、信州大学理学部で開かれた第27回信州昆虫学会大会で、生物地学部の2年生3名が研究発表を行いました。テーマは「山梨県内のゲンジボタルの分子系統学的解析」。大学教授や大学院生、研究所研究員の発表に並ぶ研究発表で、得ることが多い貴重な体験になりました。



続き▽

SSH 1・2年生課題研究合同授業

 8月31日(水)の7校時、指導担当以外の先生方も加り1・2年生課題研究合同授業が行われました。普段課題研究を行っている教室で、2年SSHクラスの生徒が、訪れた先生や生徒に研究を説明、意見や質問に答えました。研究する生徒にとっては、貴重な助言を得る機会になりました。



続き▽

将来の研究発表に向け関西研修

 8月10日(水)、11日(木)、1泊2日の日程で「SSH関西研修」が実施されました。対象は、2年SSHクラスの生徒と理系志望の生徒合わせて40名。神戸国際展示場で開催されている「SSH全国大会」の見学や、琵琶湖博物館を訪れ琵琶湖の自然を守る取り組みについて学習しました。



続き▽

SSH生徒研究発表大会(神戸)

 8月10日(水)、11日(木)の2日間、「この夏、科学でアツくなる」をテーマに神戸国際展示場で開催されたSSH生徒研究発表大会。その大会に本校から4名の生徒が参加し研究成果を発表しました。テーマは「南アルプス市の天然資源の有効活用」。SSH校どうしの交流もあり有意義な大会でした。



続き▽

筑波大学下田臨海実験センター体験実習

 8月9日(火)、10日(水)、海洋及び海棲生物に関する認識を深めることを目的に、SSH事業「筑波大学下田臨海実験センター体験実習」が行われました。参加した生徒はSSHクラスの生徒と理系希望の生徒40名。ウニの受精と発生の実験やプランクトンの採取や観察を行いました。



続き▽

櫛形山トレッキングコースモニタリング調査

 8月7日(日)、平成25年開設の櫛形山トレッキングコースが自然環境に与える影響について、南アルプス市主催で継続的かつ定期的に行っている調査が、この日行われました。協力したのは本校生物地学部と白根高校自然科学部の生徒。主にキオンやマンネンスギの個体数を調べました。



続き▽

SSH山梨大学への訪問研修終わる

 8月2日(火)、8研修が用意されたSSH山梨大学訪問研修が終了しました。最終日となったこの日、山梨大学工学部コンピュータ理工学科の森勢将雅先生の研究室を訪問した生徒6名は、高品質音声分析合成技術を利用した、会話時の「音声表情」の抽出、認識、制御について学びました。



続き▽

全国高校総文祭自然科学部門「優秀賞」受賞

 7月30日(土)~8月1日(月)、広島大学総合科学部サタケメモリアルホールで行われた第40回全国高等学校総合文化祭自然科学部門の研究発表。その生物部門に県代表として参加し行った生物地学部の研究発表が、審査の結果35研究発表中2位に当たる優秀賞に選ばれ、表彰されました。



続き▽

SSH山梨大学への訪問研修始まる

 7月26日(火)、8月2日(火)までに8研修が開講される、SSH山梨大学訪問研修が始まりました。この日は、山梨大学工学部情報メカトロニクス工学科の寺田英嗣先生の研究室を訪ねた生徒4人が、ヒューマンアシストロボットシステムを用いた歩行を体験し、その解析について学びました。



続き▽

小学生を招いて櫛形山研修を実施

 7月25日(月)、2年生SSHクラスの櫛形山研修を兼ね、近隣の小笠原小学校・豊小学校児童と合同で自然観察会が開講されました。午前中は、櫛形山の市之瀬川で水生昆虫の採集、午後は本校でその観察とスケッチなど。天気にも恵まれ、身近な自然に驚きと疑問をもつ貴重な機会にりました。



続き▽